ミシンでノートカバー

先日オーダーで作ったノートカバーがなかなか素敵だったので♪
今回はミシンで作ってみよう!と

糸を後ろに持ってくるの、結構上手になりました。
ま、どう頑張っても無理な時もありますけれどもね、、、

ミシンだとあっという間。

角を落として(一番小さなコーナーカットは丸刀です^^)
やすりがけ、そして磨きます。

結構分厚い革なので、重しがないと開いてしまう💦
今夜、本に挟んでいます。明日には閉じるかな〜

スーパーで買った、100円しないミニノートが

なんだか

高級感^^

ちなみに、これもレザークラフトの最初の課題にピッタリかもしれません♪
金具も必要ないのがいいですよね!

革の厚みによって、サイズが難しいですが、

縦は、ノートのサイズ+1cmあれば大丈夫かと思います(縫い代が2mm程度の場合)
横は革の厚みにもよりますが、薄手(1ミリぐらい)だとして、
(ノートの横の長さ×2)+ノートの厚み+先ほど(縦)と同じく1cm+折り曲げる時の遊びとして1cm
厚みのある革を使用する場合はもう少しプラスしてください。
内側の差し込み口(ポケット)は片側を5cm、もう片側を6cmにしています。
狭すぎるとポケットの役目を果たせないし、広すぎるとノートを差し込むのが大変なので、
好き好きですが使いやすいサイズで^^

⚠️ちょっと大きめにカットしてゴムのりで形作ってみてノートを実際に入れてみる。閉じたり開いたりしてみる。
この段階を踏むと、どのぐらい大きいかを感じることができます。
最初の時は是非この段階を踏んでみてください。
大きいな。と思った時はカットできるシンプルな作りなので、ピッタリくるように調節してみてください♪

レザークラフトを始めるのに、何から揃えていいかわからない!
一個ずつ調べるのもな〜と思う方には

とりあえず好きかを調べる為にも、割とリーズナブルにベーシックな一式を揃えるのがオススメです♪
続けたいな。と思われたら少しずつ好きな工具を揃えていくのがいいんじゃないかな〜と思います^^
私も、いまだに道具を足したり引いたりしながらベストメンバーを揃え中です♪

もう少し揃っているのが欲しい!という方はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次