レザークラフト スリーダインと両面テープ オススメと使い方

レザークラフトは布と違って仮縫いができないので、ボンド系のもので止めておく必要があります。
ボンドも使いますが、ボンドだとちょっとズレた時などに剥がせないなどの問題があるので、
基本的にはゴム糊が便利です。

ゴム糊より簡単に使えるものとして、両面テープがあります。
そのまま両面がテープなので簡単に仮止めすることができますが、反面ちょっと扱いにくくなる面もありますのでご紹介しますね^^

昨日のファスナー付けの時のゴム糊は
いつもと違う

スリーダインを使ってみました。
普通のゴム糊なんですが、
どうにも使いにくい面があって、、

それは、容れ物とか、ヘラについたゴム糊が
なかなか取れないことなんです。
お掃除に時間がかかる!
他はいいんですけどねぇ。

私の使っている容器とヘラ、との相性が悪いだけかもしれんけれども。。

で、
反対側もファスナーを縫い付けまして、
次は両サイドを縫います。

今回のポーチは内縫いで。とのオーダーでしたので
中表にして
銀面同士を貼り合わせることになります。

通常は、縫い代分ぐらいの銀面を
ヤスリで荒らしてから、
ゴム糊を塗るのですが、
今回は安全に両面テープを貼ることにしました♪

ゴム糊や、他のグルーでの仮止めは
革を汚す可能性やヤスリで荒らした面が表に見えてしまう
といったリスクがありますので、
両面テープは結構安全で重宝するんです♪

ただ気になることが2つ。

①針につくとベットベトになる。

これの対処法は
テープは幅の小さいもの。で、
テープにかからないように、縫い代をちょっと広めに取って
縫います。

私の知る限りは2mmが一番狭いと思います^^

created by Rinker
¥363 (2024/05/30 12:06:36時点 楽天市場調べ-詳細)

2mmの両面テープ、
是非一つ持っておいてください。

②お客様が使いはじめて革が馴染んでくると
革がよれてきて、ベトベトの両面テープが段々と外に出てくることがあります。

そのベトベトが出てくるのが、私は結構ストレスだと思うので、
縫い終わったら、必ず取り除くことにしています。

時間をあまり置かなければ割とスーッと取れますのでね。
後々の為に取っています^^

本日もお疲れ様でした♪
良い週末を〜😀







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次